売却後も住み続けたい方
【リースバック】

  • ホーム
  • 売却後も住み続けたい方【リースバック】

思い入れのある家だから売却後も住み続けたい

「急にまとまったお金が必要なってしまった。今の家を引っ越したくないけれど売却を検討したい」という方に、当社では、「リースバック」という売却方法をご提案のひとつとしてご案内しております。リースバックとは、「賃貸借契約付き売却」のことであり、簡単に言うと不動産を売却した後もそこに住み続けることができる方法です。

例えば、子供の学区から離れたくない、自宅にずっと住んでいたい等、引っ越しをしたくないものの、一時的にまとまったお金を必要とするという事情がある場合は、リースバックの活用をご検討いただくのが良いかもしれません。その際、将来買い戻しも視野に入れるのであれば、買い戻すための具体的な資金計画を立てることが必要となります。

また、自宅を相続する者がいないが、このまま住み続けて身軽になりたいという方にもリースバックはおすすめです。自宅をあらかじめ分割しやすい現金にしておく事で遺産分割を円滑に進められ、相続争いや空き家問題を予防する事もできます。

思い入れのある家だから売却後も住み続けたい

リースバックの場合は、所有する不動産を投資家や不動産会社に売却し、その売却先との間で賃貸借契約を結ぶことでそのまま居住し続けられます。ご自身の事情にあわせて、リースバックをご検討いただくとよいでしょう。

≪ご検討の際のポイント≫
自宅から離れて住み替えしても良い方であれば、一般的な不動産買取りや仲介売却を検討するのも一案です。リースバックよりも高い売却収入を得られますので、その収入で住み替えを検討する事が可能になる場合もあります。

このような悩みをお持ちの方がリースバックを選択しております

  • 住宅ローンの返済がくるしいが、売却してもそのまま住み続けたい。
  • 子どもの学区が変わってしまうと困るので、引っ越しをしたくない。
  • ペットと今の暮らしをそのまま続けたい。
  • 引っ越しをしないで、老後の資金を準備しておきたい。
  • 他人に知られないように家を売却して、資金を調達したい。
  • 事業資金の用意または融資の返済をしたい。
  • 税金・借金をまとめて返済したい。

リースバックのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • 不動産を現金化でき、一括して売却金額が手元に入る
  • 売却後もそのまま住み続けられる
  • 固定資産税の支払いが不要
  • 住み続けられるため、引っ越し費用が不要
  • 交渉次第で家を再度購入することも可能
  • 住宅の維持費や修繕費を考えなくて良い
  • 近所に知られる事なく売却できる
  • 売却時、仲介料が不要
デメリット
  • 売却価格は、仲介売却や市場価格よりも安くなる
  • 名義人が買い主様に変わってしまう
  • 毎月家賃を支払い続けなければいけない

不動産売却との違い

不動産売却との違い

通常の不動産売却は、不動産会社へ依頼し、売り物件情報を開示した上で買主を募集します。
売却価格はリースバックより高く、相場で売りに出す事ができます。
他に、売却までのスピードを早くしたい場合には、当社が不動産を買い取る方法もございます。

どちらも物件の所有権を渡すという点ではリースバックと同等ですが、長く慣れ親しんだ住宅から引っ越さなければいけません。
まとまった資金が必要で、家をどうしても手放したくないという方にはリースバックはおすすめです。

リースバック取引の際に注意すべき事

リースバックは一部の希望を叶える事のできる便利な仕組みではありますが、他社でのトラブル事例もいくつか聞きます。

  • ①家賃を上げられた
  • ②突然退去を命じられた
  • ③勝手に売却され買い戻しできなくなった
  • ④家の買い戻し金額を打ち合わせより高くされた
  • ⑤賃料が高くて払えず引っ越しする事になった

※当社では、親身になりお客様の新たなスタートを応援します

リースバックの対象となる不動産

リースバックの対象となる不動産

基本的には居住用マンション・戸建がリースバックの対象不動産です。

≪ご注意ください≫
一般的にリースバックには利用制限を受ける場合があります。
たとえば、住宅ローンの残債がリースバック買取金額より高くオーバーローンであるケースです。なぜならリース料(家賃)に加えて残った住宅ローン額をさらに支払う必要があるため、支払い困難におちいる可能性が高いためです。

リース料(家賃)の支払い困難におちいる可能性がある点では、安定収入がないお客様も利用制限を受ける事があります。
また不動産が共有名義の場合、名義人全員の同意がないと売却ができずトラブルが生じる恐れもある為、リースバックの利用制限を受ける可能性があります。

売却後の賃料や住む事のできる期間は、売却条件、契約内容によって決定となります。
リースバックに失敗しない為には、信頼できるリースバック買主を見つける事が大事です。
※フロンティア不動産は、お客様の要望にできる限りお応えし、リースバック対応しております。

リースバックの活用事例

老後の資金確保

リースバックを活用されるお客様の多くは、老後資金に不安を抱えている方です。年金だけでは生活資金が不足しており、よりゆとりある暮らしをしたいという方に選ばれています。住み慣れた家にそのまま住み続けることができるのが魅力です。

事業資金や教育費の調達

「事業資金が必要だが、不動産担保ローンはすでに利用している」「入院や手術などの治療費がかかってしまう」「子供の進学のために、多くの資金が必要」など短期間に多額の資金が必要な方にもリースバックはおすすめです。不動産を即現金化でき、一括して売却金額が手元に入ります。

任意の債務整理(借金返済)

「毎月の住宅ローンの返済が難しくなってきた」「多額に膨らんだカードローンなどの借金を清算したい」など債務整理をご希望の方にもリースバックは選ばれています。債務整理後もそのまま住み続けることができる上に、固定資産税など支払いの負担もありません。