フロンティア不動産の魅力

  • ホーム
  • フロンティア不動産の魅力

お客様のために心がけている3つのポリシー

札幌市中央区の「フロンティア不動産」は、不動産取引のトータルサポート企業です。業界歴15年以上の豊富な経験と実績を持つ社長が、物件調査から不動産査定、販売、引き渡しまで責任を持って対応し、お客様にご満足いただける取引を第一に考えています。

札幌市エリアを中心に地域密着で、これまでに売却対応件数が500件以上、相談件数は1,200件以上と非常に数多くのお客様とお付き合いをさせていただいています。こちらでは、当社が掲げるポリシーについてご紹介します。

社長自らが成約まですべてをサポート

社長自らが成約まですべてをサポート

当社は、社長一人で活動している不動産会社です。すべての案件を社長自らが対応しており、物件調査から不動産査定、販売、引き渡しまで責任を持って行っています。そのため、他社のように役割分業により担当者が急に変更したり、不動産査定者と営業時間担当者が違うことで査定額と成約額に大きな差が出たり、といったお客様にとって不都合なことは起こりません。安心して社長にすべてをお任せいただけます。

査定額と成約額に差が開かないよう努めています

査定額と成約額に差が開かないよう努めています

「できるだけ査定額が同等の額で売却したい」と思われるのは当然のことです。当社では、お客様の期待を裏切ることのないよう、根拠ある現実的な査定を行い、査定額と変わらない金額で成約させるよう努めています。

当社は、自分が算出した査定額に責任を持ちます。市場で現実的に売れる可能性のある価格でなければお客様にご提示しないことをお約束します。査定額の根拠もしっかりご説明させていただきますので、多くのお客様から信頼してお任せいただいています。

いつでも連絡が取れる安心

いつでも連絡が取れる安心

いつでも連絡が取れることがお客様の安心につながると考え、お客様にいつご相談いただいてもよい体制を整えています。当社は特に定休日は設けておりません。何かお困りごとがあればお気軽にご連絡ください。電話にすぐ出られないタイミングもありますが、必ず折り返しをさせていただきます。

柔軟な発想と提案力

柔軟な発想と提案力

条件のいい物件を成約させるのは誰にでもできます。売れにくい物件を売れるようにするのが、不動産のプロの仕事です。そして「売れにくい物件を売れるようにする」のが当社のポリシーです。業界歴15年以上の知識や経験をもとに、どのようにしたら売れるのかという柔軟な発想と大胆な提案で、確実に売れるように働きかけています。実際に当社の大胆な販売戦略の成果により、売れにくい物件が成約に至るケースは数多くあります。

売れにくい物件が成約に至った事例

売れにくい物件が成約に至った事例

戸建てを売却したいAさんは初め大手不動産会社に売却を依頼し、2階の2部屋の和室を洋室にリフォームして売るという提案を受けてその条件で売りに出しましたが、まったく売れませんでした。そこで、当社にセカンドオピニオンでご相談いただきました。

物件調査に伺うと、敷地内に駐車できるのは1台しかない状況だとわかり、敷地内に2~3台停められるスペースを設けるよう提案しました。その結果、すぐに買い主様が見つかり、成約に至りました。

北海道という土地柄、家族一人1台は車を所有していることが多いという、地域性や買い手側のニーズを柔軟に発想し、それを提案につなげたことが不動産売却成功につながったと言えます。