早く売りたい方
【不動産買取】

  • ホーム
  • 早く売りたい方【不動産買取】

物件を早く売りたい方には不動産買取!

「所有する物件をすぐに現金化したい」「住み替え費用にあてたい」「固定資産税が支払えないので不動産を手放したい」といったご希望がある場合、札幌市中央区の「フロンティア不動産」では、不動産買取をおすすめしています。

不動産買取とは、不動産会社が売り主様の物件・土地を直接買い取るという方法です。仲介売却よりも売却価格は下がってしまいますが、売り主様のご都合最優先でスピーディーな売却ができ、不動産を即現金化できるというメリットがあります。できるだけ早く売りたいという方は、売却対応件数が500件以上、相談件数は1,200件以上の当社までぜひご相談ください。

不動産買取のメリット

不動産買取のメリット

売却価格が下がってしまうデメリットはあるものの、不動産買取には実は多くのさまざまなメリットがあります。以下で詳しくご説明します。

スピーディーに売却できる!

不動産買取の最大のメリットは、売却までの時間が短いことです。一から購入希望者を探す必要がないため、物件を素早く売却し現金化できます。売却までの期間は、おおよそ2週間~1ヶ月となります。

売却することを近隣に知られない!

不動産買取は不動産会社が直接買い取るため、広告や宣伝などの売却活動を行いません。そのため、売却しようとしていることを近隣の方に知られることはありません。

売却時の手間や面倒がない!

仲介売却の場合、購入希望者が内見する際には在宅しなければならず、事前に掃除やリフォームなどの手間が発生します。不動産買取の場合、現在の状態のままで買い取ることができるため、手間や面倒がありません。

住み替えの計画を立てやすい!

不動産買取では、スピーディーに売却することができ、住み替えの計画や資金計画が立てやすくなります。ローンの残債があっても買取可能です。相続のために素早く現金化したいという要望にも柔軟に対応できます。

仲介手数料がかからない!

仲介売却では成約に至った際には仲介手数料がかかりますが、不動産買取ではかかりません。手数料分を引っ越しやローンの頭金などに充てることができます。

瑕疵担保責任が免責される!

通常の不動産売却では、売り主様は買い主様に対して瑕疵(かし)担保責任を負います。売却後に不動産に大きな欠陥が見つかった場合、補修・修繕などの費用を売り主が負担しなければいけません。不動産買取では売り主様の瑕疵担保責任はありません。

心理的な負担が軽減される!

「いつ売れるのかわからない」という心配がなく、スピーディーかつ確実に売却・現金化できます。「売れるかどうかわからない」というストレスから解放されます。

仲介売却と買取の違い

不動産買取と同じくらいポピュラーな売却方法が「仲介売却」です。両者の違いを比べてみて、より売り主様のご希望に合うほうを選択しましょう。

  不動産買取 仲介売却
売却期間 短い 長い
仲介手数料 不要 契約成立後にかかる
瑕疵担保責任 免責される あり
実際の売却価格 市場相場より安い 市場相場と同程度

ご自身のニーズに合わせて選択しましょう

ご自身のニーズに合わせて選択しましょう

不動産買取と仲介売却のどちらを選択するのかは、以下もご参考にしてください。より多く当てはまるほうを選択するとよいかもしれません。

「不動産買取」向きのケース 「仲介売却」向きのケース
  • すぐに不動産を現金化しないといけない事情がある
  • 現金が必要な時期が決まっている
  • 仲介手数料などを払う余裕がない
  • 築年数の経った古い物件を売却したい
「仲介売却」向きのケース
  • 急いで売却する理由がない
  • 売却金額にこだわる
  • 条件のよい不動産を売却したい
  • 築年数の浅い物件を売却したい