ローンの返済でお困りの方
【任意売却】

  • ホーム
  • ローンの返済でお困りの方【任意売却】

ローン滞納には、任意売却という選択肢があります

「毎月の住宅ローンの返済が難しくなってきた」「住宅ローンを滞納してしまった」という状況をそのままにしていては、不動産を競売にかけられてしまいます。そうなると大変不利な条件で強制的に売却させられてしまい、その後の生活再建の道は非常に厳しくなります。

札幌市中央区の「フロンティア不動産」では「任意売却」という選択肢をご提案し、市場価格に近い価格で売却できるようサポートしています。任意売却とは、債務者であるお客様と債権者である金融機関との間に不動産会社が入り、競売よりも有利な価格で売却する方法です。

当社は任意売却の実績も豊富にありますので、ローン滞納などのお悩みをお持ちの方はどうぞご相談ください。

任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット・デメリット

住宅ローン滞納の問題を解決するのに有効な方法が任意売却です。任意売却にはメリット・デメリットがそれぞれありますので、よく確認した上で任意売却を選択するか決定しましょう。

メリット
市場相場に近い金額で売却できる 競売にかけられてしまうと、市場相場より3~5割程度安い価格で売却されるケースがほとんどです。任意売却の場合、市場とほぼ同等の金額での売却が可能です。
売却にかかる費用を負担しなくてよい 不動産会社に支払う仲介手数料や、抵当権抹消の手続き費用、税金など売却にかかる費用はすべて債権者が負担します。
交渉次第で引っ越し費用・生活費を確保できる 競売では売却代金はすべて返済に使われるため、引っ越し費用は残りません。任意売却の場合、交渉次第で売却価格の中から引越し費用・生活費などを捻出できます。
プライバシーが守られる 競売開始が決定すると、裁判所から競売執行官が訪れ、物件の写真を撮影します。また、競売の情報は裁判所や業界紙で公表されるので、周囲に競売の事実を知られる可能性が高まります。任意売却の場合、不動産会社がプライバシーに配慮して売却を進めるため、周囲に知られてしまう心配がありません。
残債の返済がしやすい 競売では安く売却されてしまうため、多くの残債が残ります。また、残債の返済方法について交渉の余地はなく、競売後も無理な支払い状況が続きます。任意売却の場合、売却後の残債の返済方法について交渉できるため、無理のない返済方法にできます。
住み続けられる可能性がある 競売では強制退去となりますが、任意売却の場合、家族・親戚などに買い取ってもらうなどの方法で、そのまま住み続けることができます。
>>リースバックについてはこちら
デメリット
各種手続きが必要になる 任意売却では、通常の不動産売却と同様の手順で行われます。そのため、内見対応や抵当権抹消手続きなどを行う必要があり、手間や費用がかかります。しかし、不動産会社に依頼することでしっかりサポートしてもらえるため、大きな負担を感じることなく売却を進められます。
債権者が任意売却を同意してくれないことがある 督促状や催告状を無視していると返済の意思がないとみなされ、いざ任意売却を申し出ても債権者に受け入れられないケースがあります。そうならないよう、督促状や催告状に対してはしっかり対応し、返済の意思があることを示しておきましょう。
不動産会社によって結果に差が出る 不動産会社の力量によって、売却価格や残債の返済方法などは大きく変わってきます。経験・実績豊富な会社であればより有利な条件での任意売却が可能になりますが、パートナー選びを失敗すると希望より安く売ることになったり、売却交渉が上手くいかず結局競売になってしまったりするリスクがあります。

任意売却ができる期間

任意売却ができる期間には限りがあります。一度競売がスタートしてしまうと、もう任意売却はできません。競売にかけられてしまう前に一日でも早く当社までご相談ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

滞納の時期期間 状況 競売の可否
ローンの支払いが
困難
資金繰りが厳しくなってきているが、まだなんとか返済できている状況。 まだ競売まで時間の余裕はありますが、この段階から任意売却を検討し始めましょう。
ローン滞納
1~3ヶ月経過
返済できなくなりローンを滞納してしまった状況。金融機関から督促状や代位弁済の通知が届きます。 競売の危険性が高まっている状態ですので、早めにご相談ください。
ローン滞納
4ヶ月経過
競売開催の通知が裁判所から届きます。通知が届いて4~5ヶ月後には競売が開始されます。 任意売却を行うラストチャンスです。予断を許さない状況ですので、今すぐご相談ください。
ローン滞納
5ヶ月以上
裁判所の執行官が調査に訪れ、物件の写真撮影などの準備が行われます。こうなると、競売までは時間の問題です。 任意売却が難しい状況です。こうなる前に任意売却のご相談をお願いします。
競売開始・入札終了
もう任意売却はできません! 強制立ち退きとなってしまいます。

競売と任意売却を徹底比較

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  競売 任意売却
売却価格 市場相場より3~5程度安く売却されてしまいます。最終的な落札価格も、市場相場より2~3割程度安くなります。 市場相場に近い金額で売却できます。
残債の
返済方法
原則、交渉の余地はなく、一括返済が基本です。競売後も無理な返済が続きます。 債権者と交渉することができ、無理のない返済方法が選択できます。
プライバシー 競売の情報は公開されてしまい、競売の事実が広く知られてしまいます。 通常の売却同様、秘密厳守で売却を進めることができます。
立ち退き 強制立ち退きとなる可能性があります。 強制退去させられることはありません。引っ越し時期などについて債権者と交渉することができます。
引っ越し費用 売却代金はすべて返済に充てられるため、引っ越し費用は捻出できません。自分自身で準備しなくてはなりません。 債権者との交渉次第で、引っ越し費用を捻出できる可能性があります。
取引完了までの期間 長い期間がかかります。 比較的短期間で完了できます。

売却は競売にかけられる前に!

売却は競売にかけられる前に!

任意売却はスピード勝負です。ローン滞納から5ヶ月以上経過してしまうと、競売にかけられることは回避できません。こうなると、いくら腕のよい不動産会社であっても、どうすることもできません。競売後の生活は非常に厳しいものとなります。

「ローンの返済が困難になってきた」「督促状が届き始めた」といった段階で、任意売却についてお早めにご相談ください。当社なら秘密厳守で、お客様の状況に応じた丁寧な対応をさせていただきます。売却のこと、将来のこと、一緒に考えていきましょう。